葬儀におけるマナー

お通夜、葬儀、告別式でのマナー(1)

葬儀(お葬式)は古くから行われてきた歴史ある儀式ですから、冠婚葬祭関連のイベントの中でも、比較的マナーは厳密に守られるイベントであると言えます。また、古くから行われてきているだけに、葬儀におけるそうしたマナーが「暗黙の了解」となってしまっている部分も正直あります。

 

お通夜に関しては、意外と盲点になりやすい服装に関するチェックが必要になりましたが、ここでは、お通夜、葬儀、告別式で共通する注意点、守るべき最低限のマナーをご紹介していきます。

 

まずはお通夜の席におけるマナーと注意点ですが、お通夜の席で出されるお料理やお酒を「通夜ぶるまい」と呼びますが、葬儀関連の一連の儀式の中では比較的にぎやかなイメージもある通夜ぶるまいで、確かに久しぶりに顔を合わせた親類縁者と弾む話はあるかもしれまんせんが、あの席でお酒を飲み過ぎてハメをはずしてしまうことだけは、どうしても避けなければなりません。お通夜の席では、懐かしい面々とにぎやかにやるのが第一の目的ではないということをしっかり意識しておかなければなりません。

 

また、通夜ぶるまいを遠慮する人がときおり見受けられますが、これもやはりマナー違反であると言わなければなりませんので、体調が悪いなど、やむを得ない場合を除いては、しっかりと通夜ぶるまいに参加するようにしてください。

 

あとは、お通夜や葬儀、告別式などで、あまりにも大声を立てて笑ったりするのも、マナー違反の部類に数えられるかもしれませんので、無理に泣いたりする必要はないものの、これも気をつけたほうがよいでしょう。

お通夜、葬儀、告別式でのマナー(2)

前の項に引き続いて、お通夜の席や葬儀、告別式の場で注意すべき点、最低限守られるべきマナーに関してお話を続けます。
お通夜へと訪問する際には、礼服を着ていかないなどの配慮が必要であることは知られるところですが、服装以外にも、たとえばメイクがあまりにもハデ過ぎたり、アクセサリーがあまりにもきらびやかすぎたりするのも、見る人から見れば、やはりマナー違反であると言えてしまいます。場をわきまえたメイク、アクセサリーの装着を心がけるべきです。

 

 

それから、葬儀の際、僧侶が読経している間に居眠りをしている人を、どこの葬儀でも必ずひとりは見かけますが、あれは完全なマナー違反になります。何よりも、故人の前で居眠りをするというのはこの上なく失礼にあたります。眠るのは人間の生理現象であり、また人間の権利でもありますが、読経が何時間も続くケースは、よほど大きなスケールの葬儀でない限りあり得ませんので、この間だけは睡魔としっかり戦うようにしていただきたいと思います。

 

また、これも必ずひとりはいるのですが、葬儀中に携帯電話があまりにも場違いな音で鳴り響くケースが目につきます。葬儀中の携帯電話は絶対にマナーモードで待機するようにしてください。

 

それと、通夜に限らず、葬儀や告別式でも、懐かしい顔と再会してはしゃぎすぎてしまうのは、完全なマナー違反であると考えられますので注意が必要です。
あとは、車の運転をする人がお酒を飲まないのは当然のことですが、「献杯」のときだけは、お酒をせめて口に含むくらいの配慮は必要になります。

お勧めサイト

一味違う留学なら、ワーキングホリデー!
http://izumoshimanehotel.com/

 

ワーキングホリデーについて細かく説明してくれているサイトです。
ワーキングホリデーに興味があるかたは一度のぞいてみてはいかがですか。

 

銀座で話題沸騰中のまつげエクステとは
http://torchrelaybeijing2008.org/

 

銀座で人気のまつげエクステについて書いてあるサイトです。
銀座のお勧めサロンやまつエクのケア方法まで書いてあるサイトです。